半紙屋e-shop配送について

マスク換えシート消費税5ポイント還元


書道用紙水書半紙ひらがな3枚パック|書道用品通販【半紙屋e-shop】

*水で書く練習用紙書道半紙
乾かして何度も使えます。
*乾かして何度も使えます。
ご注意
・しっかり乾かして折り曲げないように保管してください。
・筆は未使用のものをお使いください。


水書用紙セット


水書書道セット


【書道】【書道用品:水書筆】
墨汁を使わないので、部屋や洋服を汚さずに毛筆練習ができます。
2020年4月より文部省学習指導要領において小学1,2年生より毛筆練習が始まります。


【特徴】
水で書くから
〇周りを汚さない
〇準備いらず
〇片付けかんたん
〇何度でも書ける

セット内容

水書用紙セット
水書用紙セット
水書用紙セット

このセットで学べること

水書用紙セット
水書用紙セット
水書用紙セット

■なぜ毛筆を使って学ぶのか


文字は毛筆によって発展しましたので、形や各リズムを毛筆によって司会する必要があります。小、中学校の書写の時間に毛筆を使って学ぶ理由はここにあります。そして、お手本をそっくりに書くことが一番の目標ではなく、子供たちの頭の中に文字の正しさを植え付けることが大切です。


■書くよりも「見る時間」が大切です


文字の骨格を覚えるのが目標です。各前に少しでも筆の動きを指で確かめることをお勧めします。文字を書くときに大切なのは各リズムです。指揮者でいえば、楽譜をゆっくり読んで確かめて、あとは指揮棒をリズミカルに降るだけです。そうすれば、筆を鉛筆に持ち替えても正しく書けます。


■文字の基本は「手習い」と「目習い」のくり返し


文字には長い歴史と伝統があり、常に書きやすさと美しさが求められてきました。そして、その基本となる形と書く姿勢(リズム)は、いわば伝統的な型(ルール)といえます。この教材は、水で書きますから、何度も見て、確かめながら書く、その繰り返しが学習効果を高めるのです。


■文字は正しく明瞭であることが大切


文字には人それぞれの個性(くせ)が出ますので、できるだけ早い時期から基本を理解しておく必要があります。その個性が屋が出美しく開花すればよいのですが、基本のない稚拙な個性は、すぐに欠点になってしまいます。子供らしさとは、いつも懸命に何かに挑む姿をいうのだと思います。


■ひらがなを書く前に(教え方 学び方)


〇初めからお手本そっくりに書く必要はありません。このお手本では、「ひらがな」の基本(型)を示していますので、何度も繰り返し書いて、文字の形を頭の中に記憶させることを一番の目標においてください。
〇文字を毛筆できれいに書くことが目標ではありません。扱いにくい毛筆を使っての学習ですが、文字の正しさとリズムを理解するためには、伝統的にも毛筆で書いて「見る」ことが最も効果的です。
〇学習の効果は、文字を正しく書こうと思う気持ちが芽生えてからです。鉛筆などで小さく書いて確かめるのも良いでしょう。
次のステップ(教材)としては、お手本を半紙の下に敷いて移す方法が効果的です。お手本の敷き写しは、正しい形を体験することが目的です。

書道 水書書道セットひらがな

価格: ¥1,430 (税込)
[ポイント還元 71ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

【書道】【書道用品:水書用紙セット】 墨汁を使わないので、部屋や洋服を汚さずに毛筆練習ができます。2020年4月より文部省学習指導要領において小学1,2年生より毛筆練習が始まります。コロナの影響でお家で過ごす時間を楽しくお習字の時間の予習してみませんか。このセットがあれば準備がいらないので簡単に始められます。正しい文字の形を子供の時に身につけることは一生の宝物になります。乾かして何度でも使えるこのみずかきセットは文字バランスの練習に最適です。

【十川製紙】【書道用品】水書用kami<セット/b>

【書道】【書道用品】

材質: 紙 太筆
サイズ: 穂の長さ 12mm 直径 7mm 全長 240mm
特徴:
水で書くから
〇周りを汚さない
〇準備いらず
〇片付けかんたん
〇何度でも書ける

FAX注文

FAXのご注文はこちらから

FAXでのご注文はこちらから

マイページへログイン

お客様の作品コーナー

  お客様の作品を掲載しています。

商品カテゴリ

書道半紙

書道パフォーマンス用品

画仙紙

書道 筆

書道用品

水墨画

絵手紙

紙製品

熊野化粧筆

配送とお支払いについて

 配送とお支払いについて

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長の十川です

店長の十川ですよろしくお願いいたします

こんにちは!店長の十川です。
十川製紙の書道半紙をご紹介しています。
作品作りのお手伝いをいたします。
何なりとご相談ください。
店長日記はこちら >>

ページトップへ